ストレス対策のための葉酸摂取

葉酸は妊娠中の女性や胎児のためだけでなく、どんな人にも大切な栄養素です。ストレスの多い現代社会で健康に過ごすための栄養素としても、葉酸は注目されています。

疲労回復やストレス解消に葉酸パワーのススメ

葉酸を体内に摂り入れることによって、自律神経の働きを正常に整えてくれます。ストレス社会とも呼ばれる現代では、人間関係によるしがらみや肉体的な疲労からストレスが溜まり、自分では気がつかない間にうつ病などの心の病にかかることもあります。

血液に含まれるホモシステイン (必須アミノ酸の一種) の濃度は、心の健康と深い関わりを持ち、体内に葉酸やビタミンB6、ビタミンB12の栄養素のうち、いずれかひとつでも不足した場合、心の病にかかるリスクが高くなります。

ストレスが溜まっていても、肉眼で見ることはできないので、あまり深く考えない人もいるようです。最近、体が疲れやすくなった、夜は早く寝てもなかなか寝付けない、朝の目覚めがスッキリしない、イライラ感、毎日の生活に充実感が感じられないなど、なにか思い当たることがあれば、ストレスが溜まっている状態であるという可能性が高いようです。

ストレスが溜まると、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまい、悪化すると自律神経失調症を引き起こすケースもあります。

葉酸には、自律神経の働きを正常に保てるようにサポートする働きが期待されているので、毎日の食事で、葉酸が多く含まれた食材を積極的に摂取して、足りない分は葉酸サプリメントで補うと良いですね。

現代社会はストレス社会! うつ病患者急増中! 葉酸の摂取をすすめる心療内科も

葉酸は妊活中の男性と女性に必須の栄養素というイメージが定着していますが、体の健康とともに心の健康を維持していくためにも欠かせない栄養素とされています。

現代社会はストレス社会とも言われており、うつ病などの心の病にかかる日本人が世代を問わず増えています。葉酸を摂取することによって、交感神経と副交感神経など自律神経系の働きを整え、快適な日々を過ごせるようにサポートしてくれます。

夜になると気がたかぶって眠れない人や、精神的な不安感を抱えている人、毎日をいきいき・はつらつと過ごしたい人は、葉酸のこまめな摂取を心がけておくと良いでしょう。

精神を落ち着かせてリラックス効果が期待されており、精神科や心療内科などの医療機関において、うつ病の患者の食事内容について調べたところ、約80%もの患者に、葉酸が不足していたことが研究結果として報告されました。

現在、精神科や心療内科のある病院やクリニックでは、薬の処方だけではなく、葉酸を摂取するように促す医師もいるとのことです。

メニュー