妊娠がわかってから葉酸を摂取するのは遅い?

葉酸サプリは、妊娠の1ヶ月前には飲み始めていることが理想的ですが、妊娠していることがわかってから、葉酸サプリを飲み始めるのが手遅れというわけではありません。妊娠に気づいてから葉酸の大切さを知って飲み始める人も多くいます。

妊娠初期に葉酸サプリメントを飲まなかった場合、母体と胎児の健康と発育は?

妊娠初期に葉酸サプリメントを飲まなかったからといって、不安を感じる必要はありません。葉酸は納豆やレバー・ほうれん草などの緑黄色野菜に含まれている栄養素なので、食生活にもよりますが、毎日の食事の中でも少しは摂取できていると思います。

葉酸サプリメントを飲んでいなかったので、妊娠初期に胎児の発育が順調なのかどうか、不安を抱える人もいるようですが、あまり過敏にならなくても大丈夫です。

胎児の発育と成長が気になるあまりに、葉酸サプリメントを飲む時期について神経質に捉える人もいますが、あまりネガティブな気持ちになると、母体の健康と胎児の発育にも良くないので、穏やかな気持ちでリラックスして過ごすことです。

人半初期に葉酸サプリメントを飲まなかった人も、葉酸の重要性に気づいてから飲み始めれば大丈夫です。

妊娠初期以降に葉酸の栄養素を摂取することによって期待される効果

・胎児の正常な細胞分裂をサポートして、発育と成長を促す効果が期待されます。

・胎児に必要な酸素や栄養を補給するとともに、赤血球を形成する働きをサポートします。

・葉酸は赤血球の形成に深い関わりを持ち、妊娠中から出産後に起こりやすいと言われる母体の悪性貧血にかかるリスクを低減させる効果が期待されます。
※悪性貧血は、葉酸不足によって赤血球が減少することが原因のひとつと考えられています。

・葉酸を摂取することによって、産後の体力と子宮の回復をスムーズにして、母乳の出を良くする効果や母乳の質を高める効果が期待されます。

・死産や早産を引き起こすとも言われる妊娠高血圧症候群の発症を防ぐために役立つと言われています。
※妊娠高血圧症候群は、妊娠中の女性が高血圧になる症状のことを言い、とくに妊娠5ヶ月~7ヶ月以降の時期に発症率が高くなります。

葉酸サプリメントはいつからいつまで飲むのが理想的?

妊娠中に必要と言われる葉酸ですが、「葉酸サプリはいつから始めたらいいの?」「いつまで飲み続けたらいいの?」と、疑問に感じる人も多いと思います。

葉酸が最も重要と言われるのは妊娠4ヶ月頃まで。この頃に葉酸を摂ることで、胎児の神経管閉鎖障害や奇形などの発症リスクを低減できると言われています。そのため、葉酸サプリは妊娠する1ヶ月前から摂っているのが理想的です。

もちろん、妊娠初期以降に葉酸サプリメントの摂取を始めても構いませんが、妊娠中に起こりがちな母体の悪性貧血や胎児の発育不良などを防ぐ効果が期待されることを考えて、できるだけ早めに飲み始めておきたいですね。

葉酸は、母体と胎児にとって必要不可欠な栄養素です。葉酸の摂取の重要度がもっとも高いとされる妊娠初期に摂取していなかった人も、遅すぎることはないので、飲み始めると良いでしょう。

「いつまで飲むべき?」という疑問に関しては、授乳期が過ぎるまでの間は摂取したほうが良いと言えます。葉酸は出産後の子宮回復をサポートしたり、栄養価の高い母乳をつくったりするのに役立ちます。

出産したら葉酸は不要というわけでなないので、引き続き葉酸サプリで補給することをおすすめします。※ただし妊娠中よりは推奨摂取量が減り、1日あたり340㎍となります。

葉酸サプリは、葉酸の栄養素を摂取することで母体と胎児の健康と正常な発育を目指すことはもちろん、流産や早産のリスクを軽減させる目的もあります。

また妊娠後も子宮の回復や母乳づくりに必要になります。妊娠する前から推奨量を摂取できていなかったことを悲観せず、これからの母体と胎児のためにも葉酸を摂っていきましょう。

メニュー