天然由来の葉酸サプリと合成の葉酸サプリの違い&サプリ選びの注意点

葉酸を摂取する方法&葉酸の必要性

葉酸の栄養素を摂取する方法は2つあります。1つは、ほうれん草などの緑黄色野菜を食べて「ポリグルタミン酸型葉酸」を摂取する方法。そしてもう1つは葉酸サプリメントを飲んで、配合されている「モノグルタミン酸型葉酸」を摂取する方法です。

毎日の食事で十分に葉酸を摂取できるのが理想的ですが、食材に含まれている葉酸は体内への吸収率が50%以下と低いのが難点です。

また、水に浸す・加熱するなど、調理によって葉酸の栄養素が逃げてしまうので、毎日の食事だけで葉酸を十分に補うことは難しいでしょう。

妊娠時は、胎児の正常な発育のためにも、1日に400㎍程度の葉酸を摂取するように厚生労働省では推奨しています。とくに妊娠初期は、胎児の神経管閉鎖障害を発症するリスクを回避するためにも、食事だけでなく葉酸をサプリメントで摂取するのが望ましいと言われています。

「ポリグルタミン酸型葉酸」と「モノグルタミン酸型葉酸」

葉酸は「ポリグルタミン酸型葉酸」と「モノグルタミン酸型葉酸」の2種類に分類されており、「ポリグルタミン酸型葉酸」とは言い換えると食事型葉酸とも言い、ほうれん草などの野菜、レバーなど自然の食材に含まれる葉酸のことを指しています。

一方「モノグルタミン酸型葉酸」は、「ポリグルタミン酸型葉酸」の吸収率を高めるように変換したものです。レバーやほうれん草などの食材を食べた場合、体内ではポリグルタミン酸型葉酸から、モノグルタミン酸型葉酸に変換されて吸収されます。

つまり、葉酸が体内に吸収される時には「モノグルタミン酸型葉酸」になっているということ。市販の葉酸サプリメントには、吸収率を高めた「モノグルタミン酸型葉酸」が配合されています。

モノグルタミン酸型葉酸は「食品由来」と「化学合成から抽出したもの」の2タイプ

ドラッグストアなどで販売されている葉酸サプリメントは、モノグルタミン酸型葉酸に変換されて製造・販売されています。

ただし、化学物質の葉酸から変換されたものと、自然の食品からモノグルタミン酸型葉酸に変換されたものと、2種類のサプリメントが販売されているので、購入する際は注意が必要です。

食品由来のモノグルタミン酸型葉酸は“天然由来”とされ、野菜やフルーツ、酵母などから変換しています。

食品から抽出された葉酸サプリメントだと、体内への吸収率が低いのではと認識する人も多いのですが、自然の食材から抽出された葉酸がモノグルタミン酸型に変換されているので、体内への吸収率は約85%にまでアップすると言われています。

化学合成から抽出したモノグルタミン酸型葉酸は、化学物質から人工的に作られたもので、体内で吸収する際に母体や胎児に負担がかかる可能性があります。生後、喘息やアトピー性皮膚炎になる可能性を指摘する専門家もいるので、化学合成の葉酸はできれば避けたいところです。

低温処理での製造・無添加も選ぶ際のポイントに

体のためにも天然由来の葉酸サプリがおすすめですが、さらにポイントになるのが製造方法です。
葉酸は熱に弱く、55度以上の高い温度では分解されてしまう性質があります。そのため、低温処理で製造された葉酸サプリを選びたいところです。

また、食品添加物も妊娠中はとくに避けたいもの。どんな成分が含まれているかは、成分表示欄を見れば分かるようになっています。基本的に、成分表示欄に記載されている順番がいちばん前に来ているものが、もっとも配合量が多くなるので、成分表示欄の最初のほうに食品添加物の名前が並んでいる場合は、食品添加物が多く使われていることを意味します。

食品添加物は、子どものアレルギーやアトピーに繋がる可能性が無いともいえないので、可能であれば無添加のサプリを選ぶようにしましょう。

商品によっては、販売会社のウェブサイトに製造方法や成分などについて詳しく掲載されている場合もありますので、参照すると良いでしょう。それでも分からない場合は、メールなどで問い合わせてみるのも手です。

まとめ

・食べ物に含まれる「ポリグルタミン酸型葉酸」は、吸収される際に「モノグルタミン酸型葉酸」に変換される。
・市販の葉酸サプリは体に吸収されやすい「モノグルタミン酸型葉酸」。
・「モノグルタミン酸型葉酸」には、天然由来タイプと化学合成物質由来タイプがあり、化学合成タイプは身体への負担が懸念されている。
・葉酸サプリは、天然由来タイプの「モノグルタミン酸型葉酸」で、さらに無添加・低温処理されたものがオススメ。

メニュー