葉酸の摂りすぎは副作用がある? 過剰摂取になる量をチェック

サプリではなく食事で葉酸を摂る場合、過剰摂取になることはある?

ほうれん草やレバーなどの葉酸が多く含まれている食べ物を摂取しても、加熱や水に弱い性質があり、体内への吸収率が高いとは言えません。

毎日の食事で葉酸を摂取しても、排尿や排便で排出されてしまいます。

葉酸が多く含まれる食品をたくさん食べることができても、体内への吸収率は50%以下と低いので、食品から摂取する場合、葉酸を過剰に摂取することは、まずあり得ません。

体内への吸収率が低いため、葉酸サプリメントで1日に必要とされる目安量を十分に摂取する必要があります。

葉酸サプリによる葉酸摂取で気を付けたいこと

厚生労働省では、妊娠中の女性の1日あたりの葉酸の推奨摂取量は400㎍としています。ただし、1日の摂取量が1000㎍を超えないように注意しなければなりません。

1日の摂取量が1000㎍を超えると過剰摂取になり、副作用が出る可能性もあります。厚生労働省や産婦人科のあるクリニックや病院では、葉酸の1日の摂取量の目安をきちんと守り、1度に大量に摂取しないようにと注意を促しています。

ドラッグストアや健康食品店には、数多くの葉酸サプリメントが並んでいますが、1日に数粒摂取して、1日の摂取量の目安は厚生労働省が推奨する量を超えないように作られているものがほとんどです。

ただし、サプリメントの葉酸は食べ物から摂る葉酸よりも吸収率も高いので、サプリを過剰に飲んだり、葉酸の含有量が多いサプリを複数併用するようなことはやめましょう。

葉酸サプリメントの説明書に従い、飲み方や1日の摂取量について、きちんと守ることが大切です。

葉酸を過剰摂取した場合どんな副作用がある?

葉酸を過剰に摂取した場合の副作用は個人差がありますが、むくみ、吐き気、食欲不振、不眠症といった症状を引き起こす可能性があります。

葉酸は、血液と血管との関わりが深く、適量に摂取すれば、血管の詰まりを防ぎ、流れを良くする作用が期待されますが、過剰に摂取すると毛細血管が拡張されてしまう可能性も。

そのため、皮膚に赤い斑点が見られたり、発熱にともなうじんましんの症状が出るといった報告もされています。

また、葉酸を過剰に摂取すると、栄養素(亜鉛など)の吸収率が低下したり、呼吸障害や原因不明の体のかゆみが出たりする人もいるようです。

高齢者が過剰に摂取した場合はビタミンB12不足が判明しにくくなり、認知症を引き起こすケースもあるようです。

葉酸を過剰摂取した場合の胎児への影響

近年、オーストラリアでは、母親の葉酸の過剰摂取により、赤ちゃんが喘息になる確率が高くなると報告されました。

葉酸自体は身体に必要な栄養素ですが、過剰摂取は胎児にも悪い影響を与える可能性もあります。

適量の摂取を心がけていれば問題はないので、1日の摂取量の目安をきちんと守るようにしましょう。

葉酸サプリは妊婦の強い味方!摂取量に気を付けて飲めば大丈夫

葉酸の過剰摂取による副作用についてご紹介しましたが、ここで勘違いしてはならないのが、妊娠前から妊娠中、出産後、授乳期の女性には、葉酸の栄養素が必要不可欠であるということ。

妊娠中は、母体の健康と胎児の発育のためにも、葉酸を毎日適量摂取するのが理想的です。

妊娠・出産の有無に関係なく、葉酸は免疫力、血液の流れ、血管、細胞の修復、シミやそばかすなどの肌荒れ対策、がん予防、健胃など、健康と美容に大きく関わる栄養素なので、1日の摂取量の目安を守りながら続けたいですね。

体内に葉酸が不足すると、胃潰瘍・神経障害・貧血などリスクが高くなり、妊娠中は胎児の神経管閉鎖障害のリスクが高くなります。

健康を維持するために、そして妊娠中は胎児の発育のためにも、毎日の食生活には十分に気を配り、葉酸を適量摂取することが大切です。

メニュー