子供を授かるということ

結婚して、子供を授かり、出産をする。これは、女性として大きな喜びに変わっていくものですが、初めての妊娠、出産は女性にとって、不安なことばかりです。徐々に変化をしていく自分の体、体調の変化と精神的な不安、そんなものを一人で10か月抱えていくことは本当に大変なことです。

10か月という妊娠期間に、夫である男性がどれだけ妻の体をいたわり、精神的な不安をフォローし、一緒に過ごすことで、妊娠生活は幸せな日々に変わります。これは、お腹の中の胎児にも大きな影響力を持つと言われており、夫が妻のお腹の中の子供にどれだけ話しかけるかによって、生まれた後の子育てにも大きく関わってくるのだそうです。

子供を授かるということは、決して女性側だけの問題ではなく、夫である男性にも妊娠期間を共に過ごす覚悟が必要なのです。仕事で常に一緒にいられなくても、家にいる時に、妻をいたわり、妻の気持ちを理解するだけで、妊娠期間はとても有意義なものになるでしょう。

実際に子供が生まれて、子育てをする際にも、夫である男性の協力がそれ以上に必要となってきます。出産を終えたばかりの女性の体や心はとてもデリケートになっています。それをいかにフォローするかは、男性の器の大きさにかかっているでしょう。夜中に何度も授乳をしなければならない妻に、ぜひ愛情を持って、接してあげて欲しいと思います。そのようにして、二人で子育てをすることで、幸せな家庭が確実に築かれていくのです。