妻としての思い

女性として、結婚をしたら、可愛い子供と一緒に時を過ごし、旦那様の帰りを待つ、というのが理想とされてきました。

しかし、昨今の女性たちにはある変化が生じており、それは、仕事を通しての社会への進出です。

20歳前後から仕事を始めた女性たちの中には、天職とも言える仕事と出会い、その仕事が楽しくて、なかなか結婚に踏み切れない女性も多くなりました。また、結婚しても、仕事を続けたいと願う女性も増えてきたのです。

それに対して、そのような女性の意思を尊重し、結婚しても仕事を続ける妻を応援する夫も増えてきました。それはもちろん、理想の夫婦とも言えますが、そんな彼女たちの悩みは、子供を産むタイミングだということです。

会社でも育児休暇などの制度を設けているところがほとんどですが、出産、その後の子育て期間のことを考えると、女性たちが悩むのは当然かもしれません。

その一方で、妻として、子供を産み、家庭を育んでいくことは永遠の女性としての憧れであることは否定できません。夫の理解と協力で、夫婦としての絆を深めながら、家庭を作っていくことが一番の理想なのでしょう。

今はまだ、少子化と言われ、子供を作ることに消極的な夫婦が多い中、今後は、国の様々な制度が確立することで、夫婦としてのありかたもそれぞれが考え、子供を積極的に作る世の中に変わっていくかもしれません。

妻として、子育てをしながら、出勤をせずに、家で仕事をこなすなどというスタイルも増えてくるかもしれませんね。