様々な世代の中で

かつては日本での結婚は女性で25歳前後、男性で28歳前後と言われていましたが、現在は比較的、どちらも30歳過ぎが多くなりました。あるいは、20歳前後と、早いか遅いかのどちらかにはっきり分かれるようになってきているようです。

結婚は人々の考え方次第でそこに到達するものですが、愛する人と一緒にいたい、という気持ちと、子供が欲しいから結婚する、など様々な考え方があるのでしょう。

いずれにしても、結婚する前には、男女それぞれの中で、結婚後の生活について、しっかりと話し合い、納得した上で結婚を決めるわけですから、そこにはぜひ、子供のことも含めて考えておいて欲しいものですね。

不思議なことに、結婚前までは、子供に対して前向きでなかった夫婦も、年数が経ち、様々な環境変化の中で、子供が欲しいと考える時期もあるようです。その時に、初めて妊活を意識するようになり、自分たちの体質などを知る方もいると聞きます。

そんなことから、40歳過ぎてからの妊活を始める夫婦も多いそうで、そこから自らの不妊症に気づくこともあるようです。しかし、現在では不妊治療をする夫婦もとても多く、そして、そのほとんどが妊娠に成功をする時代となりました。

また、基礎体温をつけることから始め、生活改善をするだけで、すぐに妊娠する女性も多いのです。子供が欲しいと思ったら、まずは自分の体質を知り、食事など生活を見直しましょう。どんな年代の女性でも今は安心して子供を産むことができるのです。