女性と社会

日本では、男性が主体だった社会も、少しずつ女性の進出が目立つようになってきました。いろいろな会社で、役職者も女性が増えていると聞きます。

このように女性が社会に進出し出した背景にはどんなことがあるのでしょうか?

女性と男性では、仕事の仕方にも多少の違いがあり、行動力を伴う男性と、緻密で、細かい仕事をコツコツとこなしていく女性では、その相互の力があれば、会社の発展を望むことができます。女性の立場や女性の考え方を理解できるファッション業界や、美容業界、さらに医療業界では、まさに女性ならではの手腕が期待されます。

また、各会社の事務処理や、接客対応は、優秀な女性をより求めています。
女性としての社会での活躍は、今や社会現象とも言えるほど、多方面から認められています。

一方、夫婦間でも、その女性としての生き方を尊重する風潮があり、結婚しても仕事を続ける女性が増えてきています。一緒に生計を立てて、一緒に生きていると感じることが、夫婦としての幸せだと考える人々も多いようです。

そのため、子供を出産することを望んではいても、出産後も仕事を続けたい女性も確実に増えており、そのことが少子化につながっていることも事実でしょう。

しかし、仕事もしたいけれど、子供も産み、家庭としての幸せをつかみたいと考えている夫婦ももちろん多く、そのために社会的な子育て体制が整うことをみんなが望んでいるのです。誰もがそれまでの仕事を続けながら、幸せな家庭を築きたいものですね。