妊活を始めるきっかけ

結婚してしばらくすると、自然と子供ができることが当たり前と考えている人も多いと思います。しかし、経済的な事情や、仕事の関係で、あえて子供をできなくする避妊を選ばざるを得ない夫婦もたくさんいます。

そんな彼らが、子供を作ろうと考えて、妊活を始めるタイミングがあります。それは、一体どんなタイミングなのでしょうか?

その一番多くのきっかけは、女性の年齢にあるようです。

少し前までは、35歳以上の妊娠を、高齢出産と位置付けられていました。しかし、現在は40歳を過ぎても子供を出産する人々もたくさんおり、高齢出産という印象は次第に薄れてきているようですね。

もともと、結婚自体が30歳前後となっている現在、出産が35歳を超えることは珍しくなくなったのです。ただ、女性の体のことを考えると、その体力やホルモンの状態が35歳以前が妊娠に適していることは間違いないそうです。

そんなことから、30歳を過ぎると、妊活を意識する女性は多くなっているのですね。
また、自分の周囲で妊娠が多くなったり、親からの期待なども多くの女性にプレッシャーを与えるようです。

特に妊活を意識しなくても、自然に子供は授かるものと考えていた夫婦が、避妊していないのに数年たっても妊娠をしないと、体に不安を感じて、妊活を真剣に考え始めるということもあるようです。

このように、妊活を始めるきっかけは様々ですが、それまでは特に意識をしていなかった妊活を真剣に考えることは、夫婦としてとても良いことだと思います。