現代社会の不妊の原因

確かに昔から不妊の夫婦は存在していました。けれど、現代の不妊の夫婦の数はあまりに多く、様々な要因が考えられています。

不妊には、女性側と男性側の両方の理由が考えられますが、女性の不妊原因として、子宮や卵巣など、女性特有の臓器の病気などがあげられます。

また、そのような病気ではなく、精神的なストレスから、生理周期が狂っていて、排卵時期が不安定になるということもあるようです。

一方、男性側の赴任の原因としては、先天的に精子を作り出す機能がないとか、後天的に、何らかの病気の後遺症で、精子を作り出す力が弱くなっている場合があります。

あるいは、女性と同様に、一時的なストレスから、そのような機能が停止している場合もあります。このように、不妊の原因となるものは、様々なので、専門のお医者様に適正な検査をしてもらわなければ、なかなかその原因はわかりません。

しかし、逆に言えば、その要因がわかれば、妊娠へ導く対処も明らかになるわけですから、決して妊娠を諦める必要もありません。

夫婦にとって、子供を授かりたいという気持ちは大切です。また、子供を迎えて、家庭を築き上げることは、誰にとっても心から願う幸せなのです。それであれば、早い段階で、不妊となる病気の原因を突き止め、正しい対処をした上で、子供を授かる方法を見出し、実行するべきなのです。

現代はそれが可能な時代ですし、もし何か不妊の不安を感じたら、早めに専門医を訪ねることです。