子供を授かった瞬間

子供を授かった瞬間、女性はその瞬間からお腹をかばうようになります。ヒールが好きな女性も、次の日からはヒールの靴を辞めて、お腹をかばって歩くようになるのです。これが母性なのかはわかりませんが、小さな命が自分の体内に宿っていると知った瞬間、女性はすべての考え方が変わるような気がします。

生活習慣も、妊娠が判明した時点で、大きく変わるでしょう。睡眠時間もちゃんと取るように心がけ、好きだった飲酒も控えて、食べるものもお腹の子供のために栄養を考えるようになります。

一方、男性は、女性から妊娠を告げられても、自分の体ではないので、ぴんと来ないようですね。もちろん、妊娠を望んでいた男性は喜ぶと思いますが、実際に自分が何をしたら良いのか、わからないのでしょう。

しかし、そんな時、少しでも女性の気持ちや体のことを気遣ってくれるだけでも、女性は嬉しいものですよね。重たい荷物を持ってくれたり、暖かい言葉をかけてくれるだけで、愛情を感じることができ、お腹の子供にも良い影響を与えるものです。

安定期に入る5か月までは、精神的にも不安になることが多いのが女性ですから、暖かく包み込んであげることで、気持ちは落ち着きます。

また、つわりが始まる頃には、初めての体験でつらいことも多いので、家事を手伝ったり、外食に連れ出すなど、フォローしてあげると良いですね。妊娠期間は始まったばかりですから、あまり力むことなく、自然体の中でお互いを尊重しあえると良いでしょう。