夫婦で乗り越える出産

念願の妊娠を果たして、いよいよ出産という時、その未知の体験に不安が一杯になる人がほとんどでしょう。長い間、苦しい痛みと闘わなければならないという話や、出産時に起こる様々なトラブルを聞くと、不安になって当然ですね。

しかし、多くの女性が子供を産み、喜びをかみしめているのも事実です。そして、その痛みが嫌だと言いながら、2人目、3人目を産む女性もたくさんいるのです。

こうして考えてみると、出産がどれだけ女性の喜びを最大限に引き出し、幸せを感じるかは想像できると思います。

出産は、女性が一人で闘うもの、と以前は考えられてきましたが、昨今では夫が立ち会う出産が多くなりました。むしろ、夫側である男性の方が一緒に闘いたいと願う場合が多いそうです。女性としても、愛する夫が横で手を握ってくれていることは、心強く、安心なのでしょう。

昨今では、妊娠8か月くらいから、夫婦で揃って、出産に関する勉強会に出席してもらい、出産の時にどのようなサポートをしたら良いのかを指導する病院も増えてきました。それだけに、夫としての男性の力も必要とされているということですね。病院側も出産が夫婦の共同作業と考えるようになってきたのです。

一緒に乗り越えた出産で産まれてきた子供は、夫婦の永遠の宝物となって、育っていくことでしょう。この出産を経験してみると、その後の子育てもスムーズにいくことが多いそうです。お風呂に入れることも夫の仕事として分担したり、子育てを二人で楽しむことができるのだそうです。