妊活専門のお医者様

通常の夫婦が、避妊をせずに1年過ごしても、妊娠しない場合、不妊が考えられると言います。もちろん、二人の体に何の不妊原因がない場合もありますが、不妊の原因として、大きな病気が隠れていることもありますので、1年をめどに一度、受診してみる必要はあるでしょう。

不妊治療で有名な病院は、今や全国各地にたくさんありますが、どんな病院を選ぶことが大切なのでしょうか?

万が一、不妊治療が必要となった場合、当然、頻繁に通院することが考えられますので、まずは自宅から通いやすい場所にある病院ということになります。また、不妊治療となると、夫自身も通院することもあるので、夫の職場からの距離も選ぶポイントとなりますね。

不妊治療は長期の通院が必要となり、また、それだけのお金もかかるので、どれくらいの費用がかかるのか、どんな支払い方法になるのかなど、下調べをしておくと良いでしょう。

不妊治療を担当している病院は、個人の婦人科クリニックと、大学病院などの大きな組織の病院とに分かれますが、これは自分の行きやすいところを選ぶと良いですね。大学病院などは、他の病気が確認された時には心強いメリットはありますが、通院には一日がかりになることがほとんどです。個人の婦人科クリニックは、診察時間も短くて済むことや、お医者様とのコミュニケーションも取りやすいのがメリットですが、大きな病気が発覚した時などは、大きな病院に転院を余儀なくされることもあります。