妊活の基礎知識

妊活が盛んに叫ばれるようになった昨今ですが、実際に妊活とはどんなことをするのでしょうか?

妊活とは、言ってみれば、妊娠しやすい体を作ることですが、まずは生活習慣を振り返ってみましょう。

女性として、一番大切なことは、基礎体温を毎日図り、自分の排卵周期を知ることです。基礎体温は目覚めた瞬間に測るのが一番良いとされています。目覚めてから、体を起こして行動したり、飲食をすることで、体温はすぐに上がってしまい、正しい数値が測れないと言われているからです。正しい基礎体温が図ることができると、生理周期や排卵時期がわかります。これを元に、妊娠しやすい時期を調べるということです。

妊娠しやすい時期がわかっても、体調を整えておかないと、妊娠はしません。体を冷やしたり、食生活が乱れていると、妊娠は難しいと言われています。

また、過度の飲酒や喫煙も問題とされています。子供を授かるのに最適な体を用意しておく必要があるということですね。

寝不足やストレスも妊娠しにくくさせる大きな要因となっています。まずは、健全な体作りを意識することから始めましょう。

その上で、婦人科による定期的な健康診断は欠かさず行きましょう。子宮や卵巣などの病気のために妊娠できない体になっている場合も少なくありません。症状が何もなくても、定期的に健康診断を受けることはとても重要です。

妊活は、女性ばかりでなく、男性にも協力をしてもらうことでスムーズになりますから、ぜひ夫婦で頑張りたいものですね。