妊活に関する社会の反応

「妊活」という言葉があちこちで聞かれるようになった今、国の政治を含め、様々な社会での反応も明らかになってきています。

積極的に子供を作ることを推奨する国の対策の中、実際には妊娠中の女性の社会での立場はまだまだ認めにくいものであり、女性として母になることと職場での存在を維持することがなかなか難しいのが現実です。

昨今では、妊娠したことで部署異動を命じられたり、勤務時間を減らされたりなどのマタハラと言われる状況も取りざたされるようになりました。しかし、このような問題が取り上げられることで、会社内でも妊娠中の女性に対して、気遣いがされるようになったところもあります。その女性が会社にとって、大切な存在であればあるほど、育児休暇後に戻ってきてほしいと考える会社が増えてきているのです。

これは、女性にとっても大きな躍進であり、日本企業が大切な女性社員を確保するには必要な制度と言えるでしょう。しかしながら、生まれた後の子供を見てもらう保育所がまだまだ少ないのが現状です。今、国が一生懸命掲げている少子化対策を一刻も早く進め、女性が働きやすい環境が整うと良いですね。そして、それと共に、男性にも妊娠している女性への理解を深めてもらい、妊娠も子育ても夫婦二人で乗り切るという気持ちを持ってもらいたいものですね。

女性の社会進出、高齢化出産が増えていく中で、全ての人々が家庭を持ち、幸せを築けるように、みんなで意識を高めていきたいと思います。